株式会社アーデンモア

トップ > クリルオイル RIN




クリル(英:krill)は多くの魚の餌となるオキアミのこと。 このオキアミから採ったクリルオイルが今、DHA・EPAの新しい供給源として注目されています。 クリルオイルは水に溶けやすく吸収に優れているので、サプリメント大国のアメリカでは急速に人気が高まり、既に魚油(フィッシュオイル)を超える勢いです。 RINの原料となるクリルは、地球上で最も汚染の少ない南極海で捕れるナンキョクオキアミ。 捕獲後すぐに船上でオイルに加工されるから、鮮度を保ったまま製品化できるのです。 魚油や植物油を一切加えない100%天然クリルオイルに、DHA・EPAをフレッシュにキープするコエンザイムQ10を贅沢にプラス。 RINは、健康のために本物をお探しのあなたにぜひお勧めしたいオメガ3サプリメントです。



オメガ3脂肪酸のDHA・EPAは熱に弱く、酸化しやすいデリケートな成分。 RINに使用しているクリルオイルは精製過程で熱を加えないので、良質のDHA・EPAを摂ることができます。 また、クリル特有の赤い色は、天然の色素アスタキサンチンが豊富な証拠。 クリルオイルの鮮度の秘密は、一緒に入り込んでいるアスタキサンチンの自然のちからで守られているから。 さらに、最後の1粒までDHA・EPAパワーが持続するよう、コエンザイムQ10を加えてオイルの鮮度をダブルで守っています。
※加熱脱臭処理をしていないため、クリル特有の臭いがします。


「水と油」は互いに溶け合わないもの。 オメガ3脂肪酸も、普通は水を加えると2層に分離してしまいます。 ところが、クリルオイルのDHA・EPAは特別!クリルオイルは水とよくなじんですばやく乳化し、分離しにくいのが特徴です。だから消化・吸収がスムーズで、実感が早い◎ クリルオイルのDHA・EPAはリン脂質結合型。リン脂質はからだの大切な構成要素で水とよくなじみ、DHA・EPAの働きをバックアップしてくれるのです。 動物性オメガ3のクリルオイルと魚油、植物性オメガ3のえごま油の水との相性を比較した下の実験動画をご覧ください。

      







ページトップへ